血漿分画製剤のいろいろ

血液製剤・血漿分画製剤・血液製剤が必要となる病気の種類などを学ぶことができます。

血漿分画製剤のいろいろ

アルブミン製剤

アルブミン製剤について

アルブミン製剤は、コーンの低温エタノール分画法で作られます。この方法で、純度の異なる2つの種類の製剤が製造されています。

アルブミン製剤は、「加熱人血漿たん白」と「人血清アルブミン」の2つの種類に分類されます(生物学的製剤基準)。「加熱人血漿たん白」製剤は、アルブミンの純度が総たん白質の80%以上です。また「人血清アルブミン」製剤は、純度96%以上と定められています。

アルブミン製剤について

「加熱人血漿たん白」製剤のアルブミン濃度は4.4%のみです。一方、「人血清アルブミン」製剤には5%、20%および25%の3つの濃度の製剤があります。

「加熱人血漿たん白」および「人血清アルブミン」製剤のいずれも、ウイルス安全対策として60℃、10時間の液状加熱処理が行われています。下表は、「加熱人血漿たん白」と「人血清アルブミン」製剤の種類とその適応を一覧表にしたものです。

ページトップ

●アルブミン製剤の種類および使い分け

アルブミン製剤の種類と使い分け

<東京慈恵会医科大学教授 星 順隆先生 監修>

ページトップ